今井 洋幸

1  桜並木を 眺めてみれば
   ソメイヨシノが花化粧
   風に誘われ桜花 
   桜吹雪が舞い踊る (あ!やれ)
   小戸にお出でよ お出でなさい
   一度と言わず 二度三度

2  小戸の神社の 夏越の祭
   神輿担いだ若衆が
   祓い清めて街を往く
   若衆獅子舞 福を呼ぶ (あ!やれ)
   小戸にお出でよ お出でなさい
   一度と言わず 二度三度

3  夏の花火は天満橋で
   仕掛け 打ち上げ 花盛り
   空を見上げる 星の華
   川面に光る ほたる華 (あ!やれ)
   小戸にお出でよ お出でなさい
   一度と言わず 二度三度

4  川辺に見ゆる せせらぎ水路
   夏にわらしが飛びあがり
   おとと元気に飛び跳ねる
   小戸の夕日は輝いて (あ!やれ)
   小戸にお出でよ お出でなさい
   一度と言わず 二度三度

5  ネオン花咲くニシタチ通り
   角を曲がれば華やかで
   エビス様には願いかけ
   ぶらりちょうちん ゆるいいね (あ!やれ)
   小戸にお出でよ お出でなさい
   一度と言わず 二度三度

1  小戸は鎮守の緑の森と
   きそうあうのか サクラの並木
   風に囃され 桜がさわぎ
   夏の祭りは 夏越の祭
   小戸の社の 御神輿様は
   祓い清めて街を往く (あ!やれ)
   みんな手拍子 輪になって踊れ
   小戸の音頭で ひと踊り 踊りゃんせ

2  夏の花火は天満橋で
   浴衣姿の あの娘の笑顔
   空に絵を描く 打ち上げ花火
   仕掛け花火は川面にうつり
   空を飛び交うホタルのように
   音と光の星の華 (あ!やれ)
   みんな手拍子 輪になって踊れ
   小戸の音頭で ひと踊り 踊りゃんせ

3  ネオン花咲くニシタチ通り
   夜はあったか人情があつい
   恵比寿様には願いをかけて
   願いかなって御礼の参り
   角を曲がればネオンが続き
   ブラリちょうちん ぬるいいね (あ!やれ)
   みんな手拍子 輪になって踊れ
   小戸の音頭で ひと踊り 踊りゃんせ